最近のトラックバック

バナー2

おいしいお茶

« 2016年3月 | トップページ | 2017年4月 »

2016年4月 7日 (木)

新茶、4月21日初取引 静岡茶市場

 静岡茶市場(静岡市葵区北番町)は5日、全国に新茶シーズン到来を告げる「新茶初取引」のセレモニーを昨年と同じ21日に実施すると決定した。初取引から5月の大型連休にかけ生産量、流通量とも日本一の本県はお茶の最盛期になる。  

主要出荷者のJA関係者らと情報交換し、新茶の生育予測を考慮して判断した。午前6時半から取引の活況を願うセレモニーを行い、午前7時に生産者・茶市場担当者と茶商が直接交渉する相対取引による商談を始める。  

来場者向けに新茶の呈茶サービス、地元特産品の販売、餅まきなどが催され、祭り気分を盛り上げる。  

静岡茶市場では例年、県内産荒茶の1割前後が取引される。初取引から八十八夜(5月1日)までは、製茶問屋ら買い手が新茶商戦に向けて仕入れを強化する期間で、茶生産者にとって年間収入を左右する重要な局面になる。

                                                     静岡新聞SBS(2016/4/6 08:08)より

2016年4月 4日 (月)

ハウス新茶摘みより

茶のハウス栽培に取り組む静岡県沼津市中沢田の後藤義博さん(61)の茶園で1日、一足早く新茶の初摘みが行われた。

地元住民ら42人が早生(わせ)品種「さえみどり」の生葉約180キロを摘み取った。

                                              静岡新聞SBSより 

« 2016年3月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ